ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

運送業向けGPSデータバンクで2社が共同開発

2015年9月4日 (金)

EC現行のGPSプラットフォームは、豊富な画面機能を揃えたものが多く提供されているが、実際の業務に適用しにくいケースが多く、独自に開発する場合は莫大な開発コストが必要となり、保守運用も負担となる。

では、十分なGPSデータを用いて自社の業務に適したソリューションを構築するにはどうすればいいのか。

運送業向けGPSデータバンクで2社が共同開発リアルタイムシステムズ(東京都中央区)は4日、運送業、ポスティング業界向けにインフラが不要でいち早くGPSソリューションを展開できる「データバンクAPIサービス」の研究開発をGIサプライ(北海道東川町)と共同出資で進めていくことに合意したと発表した。

このAPIプラットフォームは、まず初期インフラの設計・構築が不要で、煩雑なインフラの運用管理も必要ないことから、初期コスト、ランニングコストを大幅に削減できるようになる。

顧客側のシステムは、画面側開発のみでサーバ側開発が不要となり、開発コストと開発期間が半減となる計算だ。一般的な開発は、開発環境とテスト環境、本番環境が必要となるが、環境構築が不要なため、ローカルで画面を開発し素早く確認できるメリットが見込める。

データバンクAPIサービスの特徴といえるのが、異なる機種のGPSを同じAPIに乗せて蓄積できる点だろう。同じAPIで取り出し、同じ画面で表示することが可能となる。WebサイトとiPhoneアプリ、Androidアプリは直接同じAPIでGPSデータバンクサービスにアクセスできるため、マルチ端末に共通で拡張しやすい。

ほかにも、画面層とデータ層が分離されているため改修しやすい、位置情報に付随する画像ファイルを取り込める、データ保存量とAPIアクセス回数に比例した従量課金、高いレベルのセキュリティ認証方式――など、ソリューション開発を行う上で必要な特性を備えている。

■詳細
http://gpsdatabank.org/about.html