[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

丸全昭和運輸、北九州・小倉に危険品倉庫竣工

2010年7月29日 (木)

ロジスティクス丸全昭和運輸の小倉危険品倉庫丸全昭和運輸の小倉危険物倉庫が竣工した。同社の危険品倉庫はグループで初めてで、小倉地区に990平方メートル平屋建ての倉庫2棟を開設した。輸出入危険品貨物のバンニング、デバンニング作業が可能で、ニーズに応じて温度管理にも対応する。敷地は1万3223平方メートルで、敷地内に二期工事として一般倉庫も建設する計画。一般倉庫は3階建てとなる見込み。

 

■小倉危険品倉庫の概要
所在地:福岡県北九州市小倉北区西港町15-67
構造:平屋建2棟(第1期)
敷地面積:1万3223平方メートル
延床面積:1980平方メートル
有効階高:5.9メートル
取扱品目:消防法危険物第4類