[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

新日鉄住金、スネクマ社にチタン合金ビレット長期供給

2016年1月7日 (木)

荷主新日鉄住金は6日、航空機ジェットエンジンメーカー「スネクマ」を傘下に持つサフラングループにチタン合金ビレットを長期供給することで合意した、と発表した。

新日鉄住金は、すでにチタン合金ビレットの供給でスネクマ社の認定を取得し、供給を開始しており、今回の合意は現行の現契約を引き継ぐもの。

東邦チタニウムとの合弁で2013年に設立した日鉄住金直江津チタンの電子ビーム式溶解炉(EB炉)と真空アーク式溶解炉(VAR炉)によるインゴット溶解に関する新規認定取得と製造を前提としている。

スネクマ社はゼネラルエレクトリック社との合弁で新型エンジン「LEAP」を開発し、新型機「ボーイング737MAX」「エアバス320NEO」に搭載されることが決まっていることから、今後の増産で新日鉄住金からの素材供給数量も増加する見込み。