[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

三菱電機、レアアース回収で共同物流体制構築

2012年2月8日 (水)

荷主三菱電機は8日、使用済みルームエアコンのレアアース磁石(ネオジム磁石)を回収する自動解体装置を開発し、子会社でプラスチックリサイクル事業を担当するグリーンサイクルシステムズ(千葉市、GCS社)で4月から稼働を開始すると発表した。併せて、磁石メーカーと共同で国内循環(リサイクル)できる体制を構築する。

 

現在、生産している多くのルームエアコン用圧縮機には省エネ性能を高めるなどのためレアアース磁石が使用されているが、レアアース(ネオジム・ディスプロシウムなど)はその調達が厳しくなってきている。

 

同社では、レアアースを有効利用するため、使用済みルームエアコンからレアアース磁石を回収する技術を開発するとともに、国内循環体制を構築する。自動解体装置は経済産業省「レアアース等利用産業等設備導入事業」の支援を受けている。

 

回収したレアアース磁石は、磁石の確実な国内循環を担保するため、自社ルームエアコンでの再利用も視野に入れながら磁石メーカーと共同で物流体制を構築する。今後は、ほかのリサイクルプラントからも広く受け入れ、事業規模の拡大を検討。また、レアアース磁石の回収量拡大に向け、子会社で取扱う使用済みハードディスクなどからの回収も検討する。