ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

東京本社で8/3開催

大和ハウスが「物流施設×テクノロジー」テーマに解説

2017年7月7日 (金)
空白

EC大和ハウス工業は8月3日、「物流施設×テクノロジー」をテーマに、都内で「インテリジェントロジスティクスに向けた取り組み」を解説するセミナーを開く。

現在、物流施設・物流業務では、IoT・AI・ロボットの活用が進みつつなか、「これからのロジスティクス戦略は、適正地での合理的な物流施設開発と、物流新時代に対応する物流テクノロジーの融合が不可欠」だとして今回、「インテリジェントロジスティクス」の実現に向けた同社の取り組みを説明する。

講師には、大和ハウス工業の浦川竜哉氏(取締役常務執行役員建築事業担当)、フレームワークス秋葉淳一社長、GROUNDの宮田啓友社長、Hacobuの佐々木太郎社長、アッカ・インターナショナル加藤大和社長が登壇。

IoTを活用したマルチテナント型物流センター「DPL流山」や物流ロボット「Butler」を紹介するほか、「次世代型物流」への取り組み、「IoT+AIが実現する輸配送の未来」、「進化する物流ソリューションとクライシス」――についてそれぞれ講演する。

また、セミナー後には講師陣によるパネルディスカッションも行う。

参加費は無料で事前登録が必要、定員は300人。参加希望者は7月28日までにウェブで申し込む。

■開催概要
セミナーテーマ:「物流施設×テクノロジー」
日時:2017年8月3日(木) 14時-18時(13時30分開場)
会場:東京都千代田区飯田橋3-13-1(大和ハウス工業東京本社2階大ホール)
参加費:無料(事前登録制)
定員:300人
対象:経営層、役員、ロジスティクス部門、経営企画部門などの責任者
受付締切:2017年7月28日(金)
主催:大和ハウス工業
参加申し込みURL:http://www.daiwahouse.co.jp/eventHP/detail/index.asp?event_id=117834
詳細:http://www.daiwahouse.co.jp/business/logistics/pdf/daiwahouse_logistics170803.pdf

■問い合わせ先
大和ハウス工業
建築事業部
TEL:03-5214-2200

(画像:大和ハウス工業)