[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ヤマト×京東集団が包括的連携へ

2017年7月11日 (火)
空白

ロジスティクスヤマトホールディングスは11日、中国最大の小売事業者である京東集団と、両社が持つ経営資源を活かした広範囲での包括的な連携に向け、基本意向書を6月28日に締結したと発表した。

これによりヤマトは、京東が中国国内で構築するコールドチェーンネットワークに対して、小口保冷サービスに関する国際規格PAS1018、日本国内外で蓄積したノウハウに基づいたコンサルティングを実施し、各国-中国間で、保冷小口貨物を相互に送る。

また京東が日本を中心とした海外製品を輸入する際や、中国製品をアセアンなど各国に輸出する際に、ヤマトグループの海外ネットワークなどの経営資源を活用。このほか、両社が持つ経営資源やノウハウなどの相互利用による包括的な事業を展開する。

これらの連携に向け、7月11日に中国北京で基本意向書の調印式を行った。

京東は、コールドチェーンのインフラ設備とサービス力を強化し、品質の高いサービスを提供するため、小口保冷輸送ノウハウを持つヤマトと提携し、この実現を目指す。

一方、ヤマトグループは、2010年に上海で宅急便事業を開始後、国内だけでなく小口保冷配送のノウハウや日本のブランド力を活かし、中国と日本、アセアン、欧米間のクロスボーダー事業の拡大を進めてきた。

16年4月からはヤマトグローバルロジスティクスジャパンとJD.comのクロスボーダープラットフォームJD Worldwideとフランクが連携し、中国EC市場に進出する日本企業に向けたワンストップの物流・マーケティングサービスを提供してきた。今後、日本と中国間の輸送事業をさらに拡大させるために、中国国内における宅配ネットワーク、日本商品の売り場の確保などを行うためのパートナーを検討していた。

今回、両社が保有する経営資源を活かし、広範囲にわたる包括的アライアンスに向けた基本意向書を締結することで、今後中国国内のコールドチェーンやクロスボーダービジネスを拡大する。