[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

富士電機、クボタのネシア自販機製造会社買収

2017年9月13日 (水)

M&A富士電機は12日、クボタとクボタベンディングサービスからインドネシアの自動販売機製造会社「METEC SEMARANG」を買収すると発表した。

クボタの自販機事業からの撤退に伴い買収を決めたもので、自販機製造会社の全株式と関連するアフターサービス業務を引き継ぐ契約を結んだ。

富士電機は東南アジア市場で自販機事業を拡大するため、これまでタイ、シンガポールで現地法人を通じて営業活動を展開し、2014年7月にタイの生産子会社で飲料・物販自販機の組み立て生産を開始、16年6月にはタイに自販機運営会社を設立し、自販機市場の形成を進めている。

今回の買収に伴い、三重工場とタイの子会社で行っている東南アジア向け自販機の生産をMETEC SEMARANGに集約し、生産効率を高めるほか、インドネシア、マレーシアに販路を拡大し、自社が持つ設置、販売、アフターサービスなど自販機運営のノウハウを活用した事業を展開、東南アジア市場で売上拡大を図る。

株式取得日は11月15日d、2023年度に売上50億円を目指す。