[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

川崎汽船、アジア-メキシコ/南米西岸サービスを改編

2012年4月11日 (水)

ロジスティクス川崎汽船は11日、アジア-メキシコ/南米西岸サービスを4月下旬に改編すると発表した。今回の改編は、異なる寄港地をカバーする2つのサービスループを大型コンテナ船11隻による1ループ(ANDES)に統合し、同時にメキシコ-南米西岸港間のフィーダーサービス(MSX)を開設するもの。

 

寧波からチリ・ペルーへの直航サービスを可能とするなど、顧客ニーズに対応。ブエナベンチュラ(コロンビア)・グアヤキル(エクアドル)向けは、それぞれマンザニーロ・カヤオでANDESサービスからMSXサービスに接続し、ウィークリーサービスを提供する。

 
改編後、ANDESは5600TEUと6500TEU型コンテナ船11隻を投入(川崎汽船3隻、商船三井3隻、日本郵船5隻)し、26日に基隆港への寄港船から開始。MSXは2100TEU型コンテナ船3隻を投入し、5月26日から開始する。

 

■寄港地
ANDES:基隆‐香港‐ダーチャンベイ(深セン)‐厦門‐上海‐寧波-釜山‐マンザニーロ(メキシコ)‐カヤオ(ペルー)‐イキケ(チリ)‐バルパライソ(チリ)‐リルケン(チリ)-カヤオ-マンザニーロ-東京-基隆

 

MSX:マンザニーロ(メキシコ)‐ブエナベンチュラ(コロンビア)‐カヤオ(ペルー)-グアヤキル(エクアドル)-マンザニーロ