[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ヤマト、「客貨混載」共同輸送でグリーン物流特別賞

2018年12月12日 (水)

認証・表彰ヤマト運輸は12日、日本郵便、宮崎交通(宮崎市)と連携して開始した、路線バスを活用した「客貨混載」の共同輸送の取り組みが、「2018年度グリーン物流パートナーシップ優良事業者表彰」で特別賞を受賞したと発表した。

▲(左から)宮崎交通常務取締役・川端史敏氏、グリーン物流パートナーシップ事業推進委員長・杉山雅洋氏、日本郵便九州支社長・高手義彦氏、ヤマト運輸執行役員九州支社長・片山博樹氏

宮崎交通とヤマトは2015年10月1日から西都市-西米良村で路線バスを活用した「客貨混載」を実施しており、これまでヤマトが輸送していた2往復のうち1往復について、路線バスで荷物を運んでいた。日本郵便は、西都郵便局(西都市)-村所郵便局(西米良村)を1日3往復していたが、18年2月20日から村所郵便局で引き受けた荷物を西都バスセンター(西都市)まで輸送する片道1運行について「客貨混載」に参画し、「客貨混載」の共同輸送が開始された。

この取り組みにより運転時間が大幅に削減し、両社合わせて年間24.3トンのCO2排出量の削減を実現した。