ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ヤマト・宮崎交通、「客貨混載」バスに保冷BOX導入

2017年1月16日 (月)
ヤマト・宮崎交通、「客貨混載」バスに保冷専用BOX導入5
空白

ロジスティクスヤマト運輸は16日、宮崎交通と同日から保冷専用BOXを搭載した路線バスを導入し、クール宅急便の大量輸送にも対応する「客貨混載」を開始すると発表した。

宮崎交通とヤマト運輸は、2015年10月から西都市-西米良村、16年6月から延岡市-高千穂町、日向市-諸塚村を結ぶ3路線で客貨混載を開始してきた。

こうしたなか、農水産品などの温度管理が必要な荷物が増えてきたため、保冷専用の荷台スペースが必要となっており、今回、宮崎交通とヤマト運輸は西都市-西米良村を結ぶ路線バスに保冷専用BOXを搭載し、クール宅急便の大量輸送にも対応する客貨混載サービスを開始することとした。

今後は、そのほかの路線での保冷専用BOX導入を検討するとともに、冷凍タイプの対応にも取り組む。

ヤマト・宮崎交通、「客貨混載」バスに保冷専用BOX導入2

(出所:ヤマト運輸)