[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ライオン、ユニ・チャーム、資生堂が店頭販促物の物流統合

2019年1月29日 (火)

話題ライオンは29日、ユニ・チャーム、資生堂と小売店の店頭・売場に設置する販促物の物流業務を統合し、5月から共同配送を開始する、と発表した。売り場で商品を陳列するための販売什器や商品紹介のためのポップなどが対象。

▲共同配送のスキーム

共同配送の開始に向け、3社共通の販促物管理システムを開発・導入し、愛知県小牧市にある外部の物流センターを活用する。3社が共同で配送することで輸送効率を改善し、「物流環境負荷の低減」「小売店の業務負荷低減」から物流コストの抑制・削減につなげる狙い。

3社は、2016年から小売店の店頭メンテナンスを行う合弁会社「ジャパンリテールイノベーション」を通じ、商品の陳列・店頭メンテナンス機能の強化に向けて協業してきた。

今回の物流統合により、同梱配送や共同配送によって荷受け時間、店舗での販促物の保管スペース縮小を促し、バックヤード作業の効率を高めて小売店の業務負荷低減につなげる。また、包装資材の共通化や同梱配送、共同配送を進めることで配送トラック台数を減らし、資源の保護やCO2排出量の削減なども見込む。

▲左からユニ・チャーム、資生堂、ライオンのポップ