ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

伊藤忠ロジ、中国の医薬品卸・DSに物流提供

2019年5月16日 (木)

国際伊藤忠ロジスティクス(東京都港区)は16日、中国の医薬品卸でドラッグストア事業も手がける成都泉源堂大薬房連鎖(成都市)に出資すると発表した。

泉源堂は中国で北京、上海、広州を中心として2020年までに1000店舗のネットワークを構築する計画で、高品質な物流機能が必要になる。このため、伊藤忠ロジスティクスは、日本国内で展開しているオーダー後の翌日配送などの知見をベースとした物流サービスを提供する。

伊藤忠グループのネットワークを活用し、物流の提携だけでなく、日本国内メーカーの医薬品・化粧品・健康食品などを中国へ提供・紹介する取り組みも進めたい考え。

泉源堂は中国内陸部の主要都市、成都・重慶を中心にドラッグストア200店舗を出店しているほか、ネット事業を展開。天猫のW11医薬品分野(ニューリテール)で販売実績2位を記録するなど、EC事業を中心に成長が著しい。

店舗に置かれた情報端末で医師によるオンライン診察、処方箋の取得から薬剤師のチェックをすべてオンラインで行い、宅配や店舗での処方薬の受け取りまでできる「ネットとリアルの融合戦略」(ニューリテール事業)を積極的に取り入れ、中国政府商務部(商務省)から「国家電子商務示範企業」に指定されている。