[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

トッパンF、輸送・保管時の温度管理基盤提供

2019年6月25日 (火)

メディカルトッパン・フォームズは25日、医薬品の適正流通(GDP)ガイドラインやHACCP(ハサップ)に沿った衛生管理の制度化に対応する温度管理プラットフォーム「オントレイシスクラウド」の提供を開始する、と発表した。

同社のオントレイシスタグで取得した温度ログデータをスマートフォンやゲートウェイ端末経由でクラウド上に転送し、リアルタイムに物品温度を管理できるようになる。スマートフォン、ゲートウェイのGPS情報と温度ログデータを紐付けることで、輸送時の経路や時間、温度変化時の環境の把握に活用することが可能で、輸送・保管時にあらかじめ設定した温度範囲を逸脱した場合は、管理者にメール通知する。

同社はオントレイシスクラウド関連で1億円の売上を目指すとともに、高機能保冷剤「メカクール」や保冷箱、「オントレイシス」シリーズなどを組み合わせた温度管理ソリューションを提案する。

オントレイシスタグは、本体と外部ケーブルの先端の2か所に温度センサーを装備し、保冷箱内の温度計測だけでなく、保冷箱外の周辺環境の温度計測を行うことができる温度ロガーで、アクティブ通信とパッシブ通信の2つの通信機能を搭載している。アクティブ通信時は、BLE通信を使用することで、複数のタグからデータを一括自動取得することができる。パッシブ通信時は、自ら電波は発さずにNFC通信を使用し、個別に通信を行う。