ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日本トランス1Q、倉庫・国際輸送好調で2.8%増収

2019年8月8日 (木)

財務・人事日本トランスシティが8日に発表した2020年3月期第1四半期(4-6月期)決算によると、倉庫と国際複合輸送が好調に推移するなどして、売上高252億8800万円(2.8%増)、営業利益8億9300万円(5.8%減)、経常利益11億4600万円(4.6%減)となった。

部門別では、倉庫が保管残高と取扱量が増加し部門売上102億1600万円(4.4%増)、港湾運送が完成自動車の取り扱いが増加し部門売上54億100万円(0.3%増)、陸上運送は鉄道の取り扱いが減少し部門売上47億7600万円(0.1%減)、国際複合輸送は海上輸送の輸入と航空輸送の輸出入で取り扱いが増加し部門売上45億4400万円(5.9%増)だった。

通期は売上高1040億円(3.9%増)、営業利益35億円(4.5%増)、経常利益45億円(1.9%増)を見込む。

■決算集計(見出し:年/決算期/四半期、[]:前年同期比、単位:百万円
 20/3/1Q19/3/通期19/3/3Q19/3/中間
売上高25,288 [2.7%]100,094 [4.6%]75,105 [4%]48,933 [3.7%]
営業利益893 [-5.8%]3,347 [42.7%]2,597 [23.5%]1,654 [63.7%]
最終利益676 [-14.6%]2,657 [27.4%]2,210 [17.3%]1,502 [52.7%]
売上高営業利益率3.5%3.3%3.5%3.4%