ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

川西倉庫1Q、コーヒー豆・食料品取扱い増で増収増益

2019年8月9日 (金)

財務・人事川西倉庫が9日に発表した2020年3月期第1四半期(4-6月期)決算によると、コーヒー豆や食料品の取り扱いが増加したことで倉庫・運送業務が増加したほか、神戸港の港湾運送取扱業務も堅調に推移したことから、売上高60億3800万円(2.8%増)、営業利益2億1600万円(29.8%増)と増収増益で、好調な滑り出しとなった。

部門別では、主力の国内物流が部門売上51億9900万円(3.9%増)、部門利益4億円(22%増)で増収増益。国際物流は部門売上7億4400万円(2.7%減)と減収だったものの、海外子会社の倉庫の倉庫業務が増加したことで部門利益は200万円と前年同期の損失400万円から黒字転換した。

■決算集計(見出し:年/決算期/四半期、[]:前年同期比、単位:百万円
 20/3/1Q19/3/通期19/3/3Q19/3/中間
売上高6,038 [2.7%]23,436 [4.8%]17,637 [4.9%]11,557 [5.2%]
営業利益216 [29.3%]690 [17.7%]570 [12.2%]314 [4.3%]
最終利益145 [26%]328 [-32.6%]277 [-58.9%]146 [-72.8%]
売上高営業利益率3.6%2.9%3.2%2.7%