ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

オムロン、多種同一制御の自律搬送ロボ発売

2019年11月15日 (金)

ECオムロンは15日、シリーズ最大となる250キログラムまで自動搬送できるモバイルロボット「LD-250」を同日付で世界一斉発売する、と発表した。

同社のLDシリーズは、人や障害物を自動で回避しながら最適なルートをみずから考え、決められた場所に荷物を届ける搬送ロボット。今回発売する「LD-250」は、従来の最大重量130キロを大きく上回る250キロの貨物を搬送できるほか、ロボット上部面積を従来の2倍に広げたことで大型貨物にも対応。従来品よりも頑丈な金属カバーで覆われているため、意図しない外部の衝撃にも耐えることができる。

▲LD-250(出所:オムロン)

また、業界で初めて搬送重量が異なる複数ロボットを制御可能とした「フリートマネージャ」を使用すれば、互換性や能力差を心配することなく最大100台までロボットを連携させることができるため、さまざまな業界でより複雑な搬送業務の自動化を実現できるという。

2015年にロボット会社の米・アデプト社を買収して以来、多くのリソースを投入してきた。世界中の産業分野でモバイルロボットによる搬送作業の自動化が加速する中、今回の新商品「LD-250」はこのイニシアチブをさらに前進させるカギとなる。オムロンの山西基裕ロボット推進プロジェクト本部長

「LD-250」は、12月18日から21日に都内で開催される「2019国際ロボット展」に出展することが決まっており、価格は単体で700万円前後とみられている。