[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

三井倉庫、岡山大とバイオ系共同研究の領域拡大

2020年3月18日 (水)

M&A三井倉庫ホールディングスは18日、岡山大学とライフサイエンス分野など幅広い領域で連携・協力することで合意し、協力協定を締結した。

同社と岡山大学は、血液などの生体試料を保管する倉庫とデータベースについて、2015年から共同研究を開始。臨床研究検体の極低温保管から輸送までを一貫して提供するサービスを事業化するなど、一定の研究成果をあげていることから、今後は領域を拡大して相互交流と人材育成を活発化させる。

▲岡山大学病院バイオバンク内の検体保管庫