[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

三菱ふそう、20年代後半までに燃料電池トラック量産

2020年3月26日 (木)

話題26日、三菱ふそうトラック・バスは、2039年までにすべての新型車両をCO2を排出しない「CO2ニュートラル車」とする方針を示し、これに伴って2020年代後半までに燃料電池トラックを量産する、と発表した。

同社は2017年に初の量産型電気小型トラック「eキャンター」を発売し、2019年の東京モーターショーでは燃料電池小型トラックのコンセプトカー「ビジョンFセル」を発表しており、バッテリー式電気自動車と水素燃料電池車の双方で「CO2ニュートラル車」の可能性を模索。今回の発表では、新たに車両重量7.5トンクラスの燃料電池トラックコンセプトカー「eキャンターFセル」の概要を明らかにした。

▲eキャンターFセル(出所:三菱ふそう)

「eキャンターFセル」は、より高いエネルギー密度の高圧水素を用いることで航続距離300キロを実現したほか、水素の充てん時間も10分以内と、電気自動車の充電時間と比べて大幅に短縮した。

同社は今後、すべてのトラック・バスを電動化する目標を掲げているが、ハートムット・シック社長は「このビジョンを実現するためには、電気自動車や燃料電池自動車の充電・充填設備の整備、水素インフラの整備および車両購入時の補助金といった政府からの支援が必要だ」として、普及・量産化への課題を指摘している。

関連記事
トヨタ・日野、航続600km燃料電池大型トラック開発(20年3月23日掲載)
https://www.logi-today.com/371478
いすゞ・ホンダ、水素燃料電池トラックの共同研究(20年1月15日掲載)
https://www.logi-today.com/363626