ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日通、「プロテクトBOX」活用した新輸送サービス

2020年4月1日 (水)

サービス・商品日本通運は1日、同社の企業間輸送サービス「アロー便」と、昨年から運用を開始した新器材「プロテクトボックス」を組み合わせた新しい輸送サービスの販売を同日から開始する、と発表した。

「プロテクトボックス」は、最大350キログラムを積載可能な約1立方メートルのパレット一体型器材で、1人で簡単に組み立てられるほか、上積みや積み重ねが困難な貨物でも同器材に入れることで二段積載が可能となるため、積載効率の向上が見込まれる。

この器材を「アロー便」に投入し、都道府県別のパッケージ料金とリードタイムを分かりやすく設定することで、同社は高効率で廃棄物の少ない輸送を広く利用してもらいたい考え。

同社は4月から東京・横浜・名古屋・大阪でサービスを開始し、札幌、仙台、広島、福岡などに順次対応エリアを拡大するほか、陸・海・空の各輸送モードで同器材を使用した親商品を開発し、物流の環境負荷低減を目指すという。