[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

関通が新座市に新拠点、EC向け需要に対応

2020年10月2日 (金)

拠点・施設関通(大阪府東大阪市)は2日、拡大するEC向けの物流需要に対応するため、埼玉県新座市に新拠点「東京第三物流センター」を開設したと発表した。延床面積は2800坪。

同社はことし3月、埼玉県和光市のSGリアルティ和光内に東京主管センターを開設したばかりだが、当初から満床が見えつつあり、ECへの参入を検討する企業から同社への問い合わせも増加傾向にあったため、新拠点(第三センター)の開設に着手した。

新拠点では、納品先を法人向けに限定せず、消費者の個人宅向けの物流も請け負うなど、EC需要の取り込みを意識して運営するとともに、首都圏のほかの拠点との人的な連携を強め、現場運営の効率化を図る。