[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

全日空、ロボット積み付け・自動搬送試験運用

2020年10月6日 (火)

調査・データ全日本空輸(ANA)は5日、手荷物をロボットで積み付け、 自動運転トーイングトラクターで搬送する一連の試験運用を九州佐賀国際空港の制限区域で実施した、と発表した。

試験運用は、ロボットがセンサーで荷物の大きさを判断し、搬送カートに積み込んだ後、自動運転トラクターが飛行機まで搬送する作業を9月28日から10月5日まで行ったもの。

同社では、手荷物を航空機に搭載する一連の工程で自動化領域を広げ、労働力不足などに対応するため、トーイングトラクターの自動走行に取り組んでいる。

全日空、佐賀で手荷物積付+輸送自動化の接続実験