[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ZMP、成田空港で貨物運搬トラクター自動走行実験

2019年7月25日 (木)

調査・データZMPは25日、丸紅との合弁会社AIROが日本航空(JAL)と協力し、空港内の貨物運搬に使用するトーイングトラクターの自動走行実験に参画する、と発表した。

航空発着便数の増大によって地上支援業務の効率化が求められる中、国土交通省が主導する貨物輸送の自動走行実証実験に参画する。実験は、JALが実運用でトーイングトラクターを走行させているルートを自動走行させるもので、20年1月から2月にかけて成田空港で実施。詳細については、26日に同社主催のイベント内で紹介するとしている。