[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

C&W、奈良県に7万m2の物流施設用地取得

2020年10月9日 (金)

拠点・施設クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(C&W、東京都千代田区)は9日、グループ傘下のクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド・アセットマネジメント(同)が子会社を通じて奈良県安堵町に物流施設の開発用地を取得した、と発表した。

取得したのは5800坪と1万7500坪の連続する2区画で、それぞれ「LF奈良I計画」「LF奈良II計画」(ともに仮称)として、シングルテナント型物流施設とマルチテナント型物流施設を開発する。LF奈良は同県初のダブルランプウェイ付き物流施設となる。

取得用地は同県最大の工業団地である昭和工業団地を中心とした産業集積が見られるエリアに位置しており、歴史的建造物や遺跡が多く大規模な物流施設の開発余地が少ない同県では希少。西名阪自動車道大和まほろばスマートICから1.5キロ、法隆寺ICから3キロ、第二阪奈道路中町ICから10キロと大阪・京都・名古屋方面にアクセスしやすい。

■物件概要
所在地:奈良県安堵町大字岡崎279番1ほか
土地⾯積:1万9327平方メートル(LF奈良I計画用地)、5万8159平方メートル(LF奈良II計画用地)
用途地域:準工業地域

C&W、温度帯倉庫「LF板橋」-25度まで設定可能に