[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

三菱倉庫、医薬品物流の埼玉・三郷2号2期棟竣工

2020年11月2日 (月)

メディカル三菱倉庫は2日、埼玉県三郷市で建設していた「三郷2号配送センター2期棟」が10月31日に竣工したと発表した。

同センターは、首都高速6号三郷線、東京外環自動車道、常磐自動車道の3路線が交差する三郷インターチェンジ至近に立地。新たに竣工した2期棟の延床面積は2万7700平方メートルで、1期棟と合わせた総延床面積は5万5500平方メートルとなった。

2期棟は、全室空調、全床防塵仕様で、1階にはドックシェルター直結の保冷荷さばき場を配備。医薬品の適正流通(GDP)ガイドラインに対応する高品質な医薬品物流サービスを提供する。また、免震構造と非常用発電機を備え、事業継続性に配慮しているほか、全館LED照明と高効率空調機器で、環境負荷軽減にも取り組む。

同社は今後、1期棟と2期棟を一体運用し、効率的な医薬品物流サービスの提供を目指す。

2期棟の概要
名称:三菱倉庫 三郷2号配送センター2期棟
所在地:埼玉県三郷市インター南一丁目4―1
敷地面積:2万8100平方メートルの一部
建物構造:鉄筋コンクリート造(柱)鉄骨造(梁)4階建、免震構造
延床面積:2万7700平方メートル
設計施工費:67億円
着工:2019年7月
竣工:2020年10月