[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

フォワードなど8万台不具合、エンジン停止のおそれ

2020年11月12日 (木)

行政・団体国土交通省は12日、いすゞ自動車の中型トラック「フォワード」などのうち2010年6月17日から17年3月20日までに製造された8万5945台に不具合が見つかり、最悪の場合エンジンが停止して走行できなくなるおそれがある、と発表した。149件の不具合が報告されており、いすゞは13日からのリコール開始を届け出た。

国交省によると、不具合はエンジンの燃料噴射装置でインジェクタ取付ボルトの締付トルク指示が不適切なため、インジェクタガスケットのシール性が不足しているものがあり、燃焼ガスが漏れてインジェクタ取付ボルトが緩み、振動が大きくなってこのボルトが折損し、エンジンが停止して走行できなくなるという。

同社は対象車両すベてに対してガスケットを対策品に交換し、適正トルクで締め付けるとともに、燃料噴射装置が損傷している場合は損傷部品を新品に交換する。

※表示されない場合はこちら