ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

MODDにリアル「くじ」追加、WMSと連携

2020年11月16日 (月)

ECクロスワープ(東京都品川区)は16日、エンターテインメント業界向けEC・ファンクラブ運営プラットフォーム「MODD」(エム・オー・ディ・ディ)の新サービスとして、決済完了とともに当選商品が確定し、リアルな商品をユーザーに届ける「くじサービス」の提供を開始する。

決済機能、倉庫連携機能、在庫管理機能などと連携させることで「くじ」を購入したファンが購入終了と同時に当選商品を知ることができるサービスで、同社は「リアルなライブ会場のグッズ売り場と同じ購入体験、当選体験を得ることができる」としている。

▲「くじサービス」の利用イメージ

これまで、アーティストのファンクラブやECサイトで販売される「くじ」商品の多くはデジタルコンテンツが主流で、リアル商品を扱うケースでも購入タイミングでどのような商品が当選したかが分からず、購入者は自宅に届いた商品を受け取ってはじめて当選商品が分かる形態だった。

■MODDの詳細
https://www.modd.com/