[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ラピュタロボティクスが導入サポート

京葉流通倉庫の拠点で協働型ピッキング補助ロボ稼働

2020年11月30日 (月)

サービス・商品ラピュタロボティクス(東京都中央区)は11月30日、プラスオートメーション(同)と共同で京葉流通倉庫(埼玉県戸田市)が運営するさいたま市岩槻区の倉庫拠点に協働型ピッキングアシスタントロボット(AMR)を導入し、稼働を開始したと発表した。

(出所:ラピュタロボティクス)

京葉流通倉庫が導入したロボットは、ラピュタロボティクスの開発基盤で開発・制御された製品で、スーパーマーケット、ホームセンターなどの量販店向けのピッキングオペレーションに対応する倉庫に投入した。

ラピュタロボティクスとプラスオートメーションは7月以降、物流倉庫向け協働型AMRを定額利用料型のサービスとして商用化し、これまでに複数の物流事業者が利用しているが、京葉流通倉庫が取り扱う日用雑貨品は商品サイズや重量の個体差が大きく、これまで導入してきた「電子パーツなどのピッキングオペレーションとは異なる課題に対処する必要があった」(ラピュタロボティクス)。

そこで、システム上で荷物のサイズや重量を把握し適切にオーダーをAMRに割り当てる処理を行う仕組みを導入したほか、従来より大きな荷物のピッキングに対応するため、AMRのラインナップを拡充し、50L折り畳みコンテナを支援。オペレーションに合ったラベル印刷に対応させるなどのアップグレードを施した。

こうしたラピュタロボティクスの導入サポートに対し、京葉流通倉庫の飯塚雄一執行役員は「50Lオリコン対応や開始位置・終了位置のバリアブル対応、ジェイ・サポートのWMS『スキャンブレイン』とのSCMラベル発行連携など、当社のリクエストに柔軟に対応してもらい現場の運用に耐えうる仕様になったのではないか。これからも継続的なチューニングを施してもらい、目標を超える生産性の達成に期待している」と満足感を示しており、今後は他拠点への展開も視野に入れながらラピュタロボティクス、プラスオートメーションとの協力体制を強化していく方針。