[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

手荷物当日配送を非接触で、CBクラウドなど3社

2020年11月30日 (月)

ロジスティクスCBクラウド(東京都千代田区)は11月30日、日本航空、三菱地所と共同で手荷物当日配送サービスの実証実験を実施する、と発表した。まずは羽田=高松線で12月1日から開始する。

旅行者が出発地から滞在先のホテルなどの目的地まで快適に移動できる「新たな移動体験の創出」を目指した取り組みで、実証実験では手荷物当日配送サービスの内容と価格の受け入れられる水準を確認するとともに、事業者間の連携とオペレーション体制をチェックする。

これまで配送申し込みや決済は対面で行われていたが、これをオンライン化して手荷物の受け渡しで発生する手続きを簡素化することにより、預入・返却の時間を短縮し、係員や顧客同士の接触機会を減らす。

また、出発空港や街中の預入スポットで預けられる手荷物を、到着空港で手荷物引き取りや預け直しをすることなく、滞在先の宿泊ホテルなどへ当日中に配送することで、旅行者がホテルチェックイン前まで手荷物を気にせず、自由に移動できるようにする。帰りの際も滞在先のホテルから到着空港まで手荷物を当日中に配送し、搭乗までの時間の有効活用を促す。利用料金は税込みで1個1500円。

この取り組みで、CBクラウドは荷主と配送パートナー(ドライバー)をつなぐマッチングプラットフォーム「ピックゴー」を活用し、出発空港までと到着空港から目的地までの陸路配送を担う。

▲ 実証実験のイメージ(出所:CBクラウド)