[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日本郵船、メタノール燃料タンカーで長期傭船契約

2020年12月1日 (火)

(メタノール船のイメージ)

ロジスティクス日本郵船は1日、傘下のNYKバルクシップ・アジア(シンガポール)を通じてメタノールを燃料とするケミカルタンカーの長期傭船契約を締結した、と発表した。

契約先は世界最大のメタノール生産会社「メタネックスコーポレーション」傘下のウォーターフロントシッピングカンパニーで、メタノールを燃料とする新造ケミカルタンカー2隻の長期用船契約を交わした。

2隻のタンカーは、重油だけでなく環境負荷の低いメタノールを燃料として使用できる「二元燃料エンジン搭載船」で、2022年に現代尾浦造船(韓国)で竣工し、日本郵船グループのNYKシップマネジメントが管理を請け負い、ウォーターフロントシッピング社に貸し出される。

搭載される二元燃料エンジンは、メタノール使用時に重油と比べて硫黄酸化物(SOx)排出量を99%削減し、粒子状物質(PM)や窒素酸化物(NOx)排出量も減らす環境負荷の低いエンジンとして、国際海事機関(IMO)が定めるSOxグローバルキャップ規制などの国際海運の環境規制に対応している。

今回の契約により、NYKシップマネジメントが管理し、NYKバルクシップ・アジアがウォーターフロントシッピング社に貸し出される二元燃料エンジン搭載のメタノール燃料船は3隻となる。