[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

霞ヶ関キャピタル、横浜に新たな物流施設用地取得

2021年2月22日 (月)

拠点・施設霞ヶ関キャピタルは、3月に横浜市内で6000平方メートルの開発用地を取得すると発表した。昨年に立ち上げた賃貸物流施設ブランド「LOGI FLAG」(ロジフラッグ)の施設用地で、取引価格などは公表していない。

同社は、ECの拡大による物流施設需要の高まりや、冷凍食品の消費増による冷凍冷蔵倉庫の需要拡大などを受け、昨年6月に物流施設開発事業に参入。LOGI FLAGのブランド名で、これまでに神奈川県・埼玉県・千葉県で5施設の開発計画を進めている。第一弾となる千葉県船橋市の冷凍冷蔵施設は、2022年秋に完成する。