ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

いすゞ、オイルホース不具合で835台リコール

2021年7月16日 (金)

荷主国土交通省は15日、いすゞ自動車から小型トラック835台のオイルホースに不具合があったとして、リコールの届出があったと発表した。社内情報により発見したもので、不具合の報告や事故はないという。

小型トラックの機械式自動変速機において、製造工程での不適切な作業により、ホースとオイルパイプの継ぎ目からオイルが漏れて変速不良となるものがあり、最悪の場合は走行不能に至るおそれがあるという。今後は全車両のオイルホースを良品に交換する。

対象車両は、ことしの1月15日から2月16日までに製造された、いすゞ自動車「エルフ」、日産自動車「アトラス」、マツダ「タイタン」の3車種。そのほか交換用部品として出荷し、組み付けられた車両が特定できないオイルホース4本もリコール対象としている。