ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

人手不足での倒産、5月は貨物運送業で14件

2024年6月11日 (火)

調査・データ東京商工リサーチは10日、2024年1月から5月の「人手不足」による倒産が118件に上ったと発表した。

(クリックして拡大、出所:東京商工リサーチ)

前年同期比110.7%増で、2013年の調査開始以来初めて100件を超えた。特に一般貨物自動車運送業では14件と最多で、前年の11件から増加している。人手不足の要因として「求人難」が50件、「人件費高騰」が36件、「従業員退職」が32件と、いずれも過去最多を更新した。運輸業界は特にコストアップと労働時間規制の影響を受けている。

中小企業では賃上げや福利厚生の充実が困難で、業績回復が遅れると倒産が続く恐れがある。

■「より詳しい情報を知りたい」あるいは「続報を知りたい」場合、下の「もっと知りたい」ボタンを押してください。編集部にてボタンが押された数のみをカウントし、件数の多いものについてはさらに深掘り取材を実施したうえで、詳細記事の掲載を積極的に検討します。

※本記事の関連情報などをお持ちの場合、編集部直通の下記メールアドレスまでご一報いただければ幸いです。弊社では取材源の秘匿を徹底しています。

LOGISTICS TODAY編集部
メール:support@logi-today.com