ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

イーダッシュ、山梨県内企業の脱炭素化支援開始

2024年7月10日 (水)

環境・CSR脱炭素支援のe-dash(東京都港区、イーダッシュ)は10日、山梨県内の中小企業40社を対象に、CO2排出量の可視化と削減支援を開始したと発表した。2009年、山梨県は全国に先駆け2050年までにCO2排出量ゼロを目指す「CO2ゼロやまなしの実現」を宣言。県のCO2排出量の1/3が産業、業務から発生しており、企業の脱炭素化を重要課題と位置づけている。

同社のサービスは、電気やガスの請求書をアップロードすることで簡単にCO2排出量を算出し、削減施策を提案する。これにより、企業のエネルギーコスト削減や競争力強化が期待される。プログラム期間は2025年2月末までであり、地域金融機関とも連携し、無料で支援を提供する。

■「より詳しい情報を知りたい」あるいは「続報を知りたい」場合、下の「もっと知りたい」ボタンを押してください。編集部にてボタンが押された数のみをカウントし、件数の多いものについてはさらに深掘り取材を実施したうえで、詳細記事の掲載を積極的に検討します。

※本記事の関連情報などをお持ちの場合、編集部直通の下記メールアドレスまでご一報いただければ幸いです。弊社では取材源の秘匿を徹底しています。

LOGISTICS TODAY編集部
メール:support@logi-today.com