[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

セブン&アイHD、埼玉の物流拠点に燃料備蓄基地

2013年5月22日 (水)

話題セブン&アイ・ホールディングスは22日、大規模災害対策の一環として、国内小売業で初めて燃料備蓄基地を建設すると発表した。

この基地は、災害発生時の緊急物資搬送用として燃料400キロリットルを常時備蓄するもので、埼玉県北葛飾郡杉戸町にあるイトーヨーカ堂の物流センター敷地内で5月末に着工、年内に完成させる。

セブン&アイホールディングスが設置する燃料備蓄基地のイメージ

セブン&アイホールディングスが設置する燃料備蓄基地のイメージ

セブン&アイHDでは、平時・緊急時の社会的責任、BCP(事業継続計画)の観点から基地の建設を決めたもので、首都直下地震などの大規模災害発生時に、被災地域などの避難所やセブン&アイ店舗へ緊急物資・商品を素早く確実に配送できるようにする。

平時は、燃料の販売・配送事業を手掛ける三和エナジーが営業拠点として利用し、災害発生時は備蓄燃料を避難所への緊急物資配送や、セブン&アイ店舗への商品配送のために利用する。

備蓄する燃料は軽油350kl(緊急配送用)、ガソリン50kl(予備)の400klで、燃料備蓄基地タンクの総容量は800klとする。軽油350klは、災害発生時に首都圏1都3県のセブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマートの全5100店舗に対し、10日間分の緊急配送をカバーできる量を想定している。

施設は震度7の大地震を想定した耐震性の高い堅牢な構造とし、停電・給油施設被災の場合でも、非常用発電機・手動ポンプを使用することで給油できるようにする。建設費用は4億円。

■燃料備蓄基地の概要
建設地:埼玉県北葛飾郡杉戸町大字本郷674-1(イトーヨーカ堂の物流センター「杉戸センター」敷地内)
敷地面積:650坪
施設:地下タンク、給油計量機、上屋(キャノピー)、事務所など
着工:2013年05月末
完成:2013年12月末