[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日本ゼオン、水島工場でCOP原料の生産増強

2013年6月12日 (水)

メディカル日本ゼオンは11日、水島工場(岡山県倉敷市)の熱可塑性透明樹脂シクロオレフィンポリマー(COP)用の原料モノマー生産能力を増強すると発表した。

COPは、プリンター・液晶テレビ・スマートフォン・デジタルカメラ・医療検査機器市場などの光学用途で需要が拡大しており、今後見込まれる必要量の増大に対応するため、COPの原料であるモノマー(ジシクロペンタジエン誘導体)の合計生産能力を、COPの生産能力(年産3万1000トン)と等しくする。今年度中に着工し、2014年8月の稼働を目指す。