[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

三井物産、豪州鉄鉱石積出港の出荷能力を拡大

2013年10月2日 (水)
ケープ・ランバート港拡張フェーズ1で新設されたB埠頭

ケープ・ランバート港拡張フェーズ1で新設されたB埠頭

ロジスティクス三井物産は2日、鉱物資源会社のリオ・ティント社(豪・英)と共同運営している西オーストラリア州鉄鉱石事業「ローブ・リバージョイントベンチャー」(ローブJV)が、鉄鉱石積出港のケープ・ランバート港の年間出荷能力を8600万トンから1億3900万トンにする「拡張フェーズ1」を完工したと発表した。

ケープ・ランバート港は、出荷能力の立上げ期間を経て、2014年上期にフル出荷体制となる。

拡張フェーズ2では、ケープ・ランバート港の年間出荷能力を1億3900万トンから2億900万トンに引き上げる計画で、15年上期中の初出荷達成を目指している。

同JVはリオ・ティント社が53%、三井物産が33%、新日鉄住金が14%をそれぞれ出資している。