[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

SOLホールディングス、「提携中止の影響なし」と発表

2014年9月10日 (水)

国際SOLホールディングス(旧シスウェーブホールディングス)は9日、インドネシアの「PT.JEDO INDONESIA」との資本業務提携を中止すると5日発表したことに関連し、提携中止の影響を補足説明として公表した。

同社は現地で日系食品メーカーを対象とした液糖事業の開始に向け、日系食品メーカーの現地法人でスーパーソルガム濃縮糖液の品質評価テストを実施しており、JEDO社に委託してテスト用のスーパーソルガムの栽培を進めている。資本業務提携は中止となったが、「業務委託契約は有効であり、テスト用のスーパーソルガムの栽培には影響ない」と説明。

また、テスト終了後の大規模栽培については、以前から共同で実証栽培実験を行ってきたヌサンタラプランテーション社、国営農園会社のPTRN12の2社と栽培委託契約を締結する方針を示し、大規模栽培後も影響がないことを強調した。

今後はヌサンタラプランテーション社、PTRN12との長期的な提携や現地ローカル企業との業務提携を検討するとしている。