ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日立、SBSグループの情報共有基盤をAWS上に構築

2015年8月5日 (水)

EC日立ソリューションズは5日、サイボウズとともにSBSホールディングスとその国内グループ会社13社の共通グループウェアとして、サイボウズのエンタープライズグループウェア「サイボウズガルーン」をアマゾンウェブサービス(AWS)上に構築し、4月に稼働を開始したと発表した。

日立、SBSグループの情報共有基盤をAWS上に構築

(出所:日立ソリューションズ)

これにより、SBSHDはグループ会社を含む横断的な情報共有基盤を整え、社外からのアクセス時にクライアント認証を実装することで、セキュリティの強化を図った。AWSをシステム基盤に採用したことで拡張性を高めたほか、BCPを強化し、システム運用負荷を軽減した。

SBSグループでは、これまで各社が異なるグループウェアを利用しており、グループ全体の情報共有は個別のメール対応にとどまるなど、素早い情報の周知に課題を抱えていたが、サイボウズガルーンをAWS上で構築したことにより、グループ内の横断的な情報共有と、個別会社内の情報共有を同時に実現した。

システム構築は日立ソリューションズ・クリエイトがサイボウズと連携して取り組み、日立ソリューションズはAWSを利用したシステムの設計から構築・運用を担当、4か月で構築した。