[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

エアロセンスとANA、航空機点検でドローン活用検証

2017年2月3日 (金)

サービス・商品エアロセンスとANA、航空機点検でドローン活用検証全日本空輸(ANA)は、航空機が運航中に被雷した場合の点検整備にドローンを活用できるかどうかを調べるため、エアロセンス(東京都文京区)と共同で検証を開始する。

現在、航空機が運航中に被雷した際には、整備士が機体の傷やへこみをチェックしているが、この作業にエアロセンスのドローン運行技術と画像解析技術を活用し、整備品質の向上と点検時間短縮による運航便の遅延や欠航の最小化を目指す。

2月14日にMROジャパン敷地内のハンガー前スペースに配置した航空機の周囲に自律飛行のドローンを運行させ、ドローンに搭載したカメラで機体の外観全体の画像を撮影する。今後は山形県庄内空港でも空港ランプエリア内の航空機を対象に検証を本格化させる。

エアロセンスはソニーとZMPの合弁会社で、ドローンを活用した効率的な物流や管理の実現を目指している。一方、ANAも昨年4月に新技術を活用してイノベーション創出を推進する新組織を立ち上げ、12月にはドローンの活用事業の可能性を検討する組織横断的なプロジェクトを立ち上げている。