[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日陸、千葉物流センターの危険物温度管理倉庫が竣工

2017年2月15日 (水)
日陸、千葉物流センターの危険物温度管理倉庫竣工
空白

拠点・施設日陸は15日、千葉物流センター袖ヶ浦倉庫(袖ヶ浦市)の敷地内に増設を進めていた危険物温度管理倉庫が1月31日に竣工したと発表した。

既存の千葉物流センター袖ヶ浦倉庫は、千葉県市原市の千葉物流センターのバックアップ倉庫として2009年12月、敷地面積1万5500平方メートルに危険物倉庫2棟、危険物温度管理倉庫(マイナス20度からプラス15度)1棟、一般品温度管理倉庫1棟、一般取扱所1棟の倉庫面積5400平方メートルで開設している。

また、既存の1号棟危険物温度管理倉庫は、マイナス20度(2室)、5度、10度、15度の4温度帯5室に分かれているが、今回10度の温度帯をマイナス20度の温度帯に変更する工事も同時に終了した。

■増設倉庫の概要
所在地:千葉県袖ケ浦市南袖27-1
建物:危険物温度管理倉庫4号棟
倉庫面積:800平方メートル
温度管理:プラス5度から25度
保管能力:542パレット
取扱品目:消防法危険物第四類、毒劇物、医薬品、指定可燃物