[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日陸、大阪物流センター内に医薬品拠点

2011年7月4日 (月)

メディカル日陸は、大阪府高石市にある大阪物流センター内に医薬品専用の危険物倉庫を完成させ、15日から保管・管理業務を開始する。

 

新倉庫は、倉庫面積998平方メートル、保管能力831パレット、高床式を採用し、防塵・防虫・防鼠対策を施した。定温設備を設置し、温度管理を徹底するとともに、同社採用の薬剤師を常駐させる。既に医薬品卸売販売業許可を取得しており、医薬品製造業許可も取得する。

 

さらに8月10日完成を目標に、常温の危険物専用倉庫を1棟(倉庫面積998平方メートル、保管能力1420パレット)、定温設備のある高床式2階建て一般品倉庫1棟(倉庫面積3002平方メートル、保管能力3844パレット)を建設している。