[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

合弁会社設立、19年春に3温度帯拠点開設

センコー、タイ大手外食チェーンの物流受託

2018年2月27日 (火)

ロジスティクスセンコーグループホールディングスは27日、同社傘下で冷凍・冷蔵物流を担うランテックとタイ現地法人のセンコータイの2社が、現地外食チェーンのMKレストランと合弁会社を3月に設立する、と発表した。

MKレストランはタイ国内で9ブランド638店舗を展開する外食チェーンで、自社の物流部門が冷凍・冷蔵による保管と店舗への配送を行っているが、拡大する外食需要に対応するため、物流業務の効率化が課題となっていた。

今回の合弁会社設立で、MKレストランは自社の物流部門に属していた車両・物流センター・人員を合弁会社へ移管し、センコーグループの冷凍・冷蔵物流技術とノウハウを活かして保管・配送品質の高い体制を構築する。

合弁会社は2019年春頃に新たな3温度帯の物流センターをバンコク市内に開設し、МKレストランの物流体制をさらに強化するとともに、МKレストラン以外の顧客を開拓し、冷凍・冷蔵物流事業を拡大させる考え。

合弁会社の資本金は13億バーツ(44億円)で、出資構成はMKレストランが49.75%、センコーグループホールディングス29%、ランテック20%、センコータイ0.75%などとなっている。