[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日本GLP・新座市に新施設、第一倉庫冷蔵が全棟利用

2018年3月26日 (月)
空白

拠点・施設日本GLPは26日、埼玉県新座市で物流施設「GLP新座」の起工式を同日行ったと発表した。同施設は第一倉庫冷蔵が全棟利用する。

GLP新座は地上4階建て、延床面積3万1000平方メートルで、都心部から25キロ、関越自動車道所沢インターチェンジ(IC)から1.5キロに位置し、東京外環自動車道和光ICや国道254号線も近く、埼玉県南部から南西部、東京都の城北・城西、多摩地域などの幅広いエリアをカバーできる配送拠点に適している。

JR武蔵野線新座駅から徒歩圏内で、近隣に住宅地が広がっていることから雇用も確保しやすい。

第一倉庫冷蔵は同施設を冷蔵倉庫として利用する予定で、保管物に応じた有効梁下6.0-6.5メートルの実現、床荷重を1平方メートルあたり1.7トン確保、1-3階までの空調対応、トラック待機場の分散によるオペレーションの効率化などが決め手となり、着工前に入居を決定した。

■施設概要
施設名:GLP新座
所在地:埼玉県新座市大和田3
敷地面積:1万5000平方メートル
延床面積:31,000平方メートル
着工:2018年4月
竣工:2019年3月(予定)