[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ヤフオクが匿名配送の選択肢拡大、ヤマトと連携

2018年8月27日 (月)

ロジスティクスヤフーは27日、ネットオークション・フリマアプリ「ヤフオク!」でヤマト運輸と連携し、同日正午から匿名配送「ヤフネコ!パック」の提供を開始する、と発表した。

出品者・落札者が互いの住所、名前などの情報を知らせずに商品を配送できる機能で、実際の配送方法としてヤマト運輸の「ネコポス」「宅急便コンパクト」「宅急便」から、出品者があらかじめ設定することができる。

商品の落札後、落札者は取引に関する情報を出品者とやり取りする「取引ナビ」で配達先を指定するが、この時点では出品者、落札者ともに取引ナビに相手の情報は表示されず、落札者による支払い完了後、出品者は取引ナビで2次元コードを発行、全国のファミリーマート、サークルK・サンクス、ヤマト運輸の営業所で匿名配送の送り状を発行し、発送手続きを行う。

配送料金はヤフオク!上で決済され、発送手続きが完了すると落札者への発送連絡が自動で行われる。

▲「ヤフネコ!パック」匿名配送の利用フロー

ヤフオク!では昨年11月28日から、日本郵便の「ゆうパック」と「ゆうパケット」を活用した「ゆうパック(おてがる版)」「ゆうパケット(おてがる版)」の匿名配送を提供しているが、ヤマト運輸のサービスともシステム連携することで、匿名配送の選択肢を拡大した形だ。

落札した商品が満足できない場合のサポート制度「商品満足サポート」も、ゆうパック(おてがる版)など日本郵便の匿名配送に加え、ヤフネコ!パックの匿名配送を利用した取引に対象を拡大する。

商品満足サポートは、匿名配送を利用した取引で落札後「届いた商品に傷や汚れがある」「まったく違う商品が届いた」といった「満足できない場合」に、ヤフーの規定に基づき1万円を上限として落札額の100%をTポイントで「お見舞い」するサポート制度。