[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ナスタ、5000人対象に宅配ボックスの効果検証

2019年2月6日 (水)

ロジスティクスナスタ(東京都港区)は6日、宅配ボックス5000台を利用した荷物の無人受け取り体験サービスでオルビスと協業すると発表した。オルビスの顧客5000人を対象に、「荷物の受け取り方の変化が、EC利用者の宅配ストレスの低減と再配達削減に与える効果」を検証する。

2018年9月に福岡市で消費者1000世帯向けに実証実験を行い、同年11月には社員の私物受け取りを会社として推奨する「オフィス受け取り」を実施したが、これらに続く”第3弾”の取り組みとして、オルビスの顧客5000人に荷物の新しい受け取り方を提案する。

今回の検証は、再配達率の低減に向けて通販事業者として解決策を模索していたオルビスが、ナスタにオリジナル宅配ボックスの企画・制作を依頼したことでスタート。宅配ボックスをオルビスの顧客5000人にモニター配布し、モニターとなった利用者は、3か月後をメドに利用アンケートに回答、その結果を基に将来的なサービスにつなげる。