ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

住友商事、タイに4000m2の新倉庫稼働

2019年8月16日 (金)

ロジスティクス住友商事は13日、子会社の住商グローバル・ロジスティクス(SGLT)がタイ・ナワナコン支店内に、同支店で6棟目となる自社倉庫を稼働する、と発表した。

新倉庫は、バンコクから車で45分のアユタヤ、ナワナコン地区に位置するSGLTナワナコン支店内に立地し、倉庫面積は4000平方メートル。SGLTは1989年の会社設立以来、アユタヤ、ナワナコン地区を中心とする電子・電機産業、食品・消費財産業や東部のチョンブリ県を中心とする自動車産業・建設機械産業への総合物流サービスを提供。現在では、アマタナコンやプラチンブリなど5支店・7拠点のネットワークを構築している。

タイはハラル食品の世界トップ5の製造国であり、今後ハラル食品の取り扱い拡大が見込まれることから、同社は同支店倉庫でハラル認証を取得するなどハラル関連の物流ニーズに対応するための取り組みを進めている。