ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ヤマト、置き配指定をPayPayフリマ・ヤフオク!でも

2020年8月24日 (月)

ECヤマト運輸とヤフーは24日、インターネットオークションサービス「ヤフオク!」、フリマアプリ「PayPay(ペイペイ)フリマ」において、非対面配送の連携を強化すると発表した。

両社が提供する全国一律料金の配送サービス「ヤフネコ!パック」の中で、ポスト投函型配送サービス「ネコポス」の送料をヤフーが一部負担し、個人間取引で利用可能な同サービスの料金としては最も安い170円(従来195円)で9月1日から提供。送料を落札者負担で設定する場合でも210円(従来225円)で提供する。

また、「置き配」などのさまざまな受け取り方法に対応するEC事業者向け配送商品「EASY」(イージー)を今秋から「ペイペイフリマ」に導入し、今後「ヤフオク!」にも導入する。

ヤマト運輸とヤフーは、新型コロナウイルスの影響でポスト投函型配送サービスの取扱量が1.5倍に増加し、宅配便ロッカー「PUDO(プドー)ステーション」の利用率が2倍に増加していることから、非対面の配送連携を強化。既にオンラインショッピングモールの「ペイペイモール」「ヤフー!ショッピング」の一部に「イージー」を導入している。

両社はこのほか、ヤフージャパンのウェブサイト上で宅配便ロッカーの設置希望アンケートを実施し、9月21日まで一般ユーザーの意見を募集。この結果をもとに、「プドーステーション」を提供するパックシティジャパンとヤマト運輸がロッカーを増設する場所の検討を行うという。

関連記事
ヤマトが置き配指定開始、ZHDのECサイトから実装(20年6月16日掲載)
https://www.logi-today.com/381603
ヤマトとドドル提携、”ついで買い”狙う受取店舗募集(20年8月17日掲載)
https://www.logi-today.com/391749