[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

つくば市でZOZO向け3棟目の物流施設、プロロジス

2020年9月17日 (木)

アパレルプロロジスは16日、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」(ゾゾタウン)を運営するZOZO(ゾゾ、千葉市美浜区)が利用する専用物流施設「プロロジスパークつくば2」の竣工式を行った。

ゾゾはつくば2から6キロ離れた「つくば1-A」と「つくば1-B」をすでに稼働させており、つくば市内でプロロジスの開発による物流施設を借り受けて集中運営する取り組みは3拠点体制に拡大する。このほか、習志野エリアでもプロロジスの施設を2013年から利用している。

つくば2は敷地面積5万平方メートル、4階建て延床面積11万平方メートルの物流施設で、1、3、4階に合わせて90台のトラックバースを設け、ダブルランプウェイを経由して大型車両が直接上階にアクセスできる構造。

敷地内の車両動線は安全性に配慮して一方通行化し、将来的な庫内オペレーションの自動化を考慮してワンフロア最大2万6000平方メートルを確保した。施設内で多くのパート・アルバイトスタッフが働くことが想定されるため、400台以上の駐車場スペースを配置している。

プロロジスパークつくば2(出所:プロロジス)

■「プロロジスパークつくば2」の概要
所在地:茨城県つくば市さくらの森25番3
敷地面積:4万9586.84平方メートル(1万5000坪)
計画延床面積:11万1895.65平方メートル(3万3848.43坪)
構造:地上4階建て、鉄骨造
着工:2019年7月
竣工:2020年9月