[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

アマゾン、全国一斉パジャマ姿で小児がん患者応援

2020年9月30日 (水)

環境・CSRアマゾンジャパンは9月30日、全国20か所以上の物流センターやカスタマーサービスセンターに勤務する従業員が一斉にパジャマ姿となり、小児がんとたたかう子どもたちに向けた応援メッセージ入りの写真を撮影したと発表した。

この取り組みは、毎年9月に世界中で実施されている小児がんの啓発月間に合わせて実施している「アマゾンゴーズゴールド」キャンペーンの一環として行われたもので、今回撮影した写真と応援メッセージをフォトブックとして製本し、小児がん治療の拠点病院にいる子どもたちとの交流のために寄贈する。

同社は、小児がん経験者とのオンライン交流会のほか、小児がん患者を支援するNPO法人「ゴールドリボン・ネットワーク」への寄付を実施しており、500万円の寄付金は同団体による支援活動の強化に活用される。

まず、最初に取るべき行動は、小児がんの現状を知ることだと感じた。闘病中に幼い心で、つらく恐ろしい思いをされてきたのだろうと、話を聞いていて心がつぶれる思いだった。アマゾンのようなたくさんの人々が働く場所で、みんなに知る機会、参加する機会が得られて、少しでも貢献できる活動ができることを、誇りに思う。オンライン交流会に参加した従業員
小児がんの症状は、多種多様で厳しい状況の人もいる。今回のようにたくさんの人に小児がんを知ってもらうことが、私たちが目指す小児がんの子どもが「生きやすい社会」を作ることにつながる。NPO法人ゴールドリボン・ネットワークの松井秀文代表