[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

サティスファク、資源循環の構築・再編支援を強化

2020年11月27日 (金)

ロジスティクス事業者向けに環境マネジメントサービスを提供するサティスファクトリー(東京都中央区)は27日、サプライチェーンを支える動脈物流と対をなす、静脈物流のサーキュラーチェーンマネジメント(CCM)の構築や実行を支援する取り組みを強化すると発表した。

具体的には、これまでに培ってきた資源物・廃棄物処理に関する事例や知見を活用し、廃プラスチック類を中心とするサーキュラーチェーン構築や、継続的な再編、サプライチェーンとの連携、組織改革、システム構築――といった、再資源化の総合的な立案・実行支援を行う。

同社では、アジアを中心とする廃プラスチック類の輸出入規制によって、資源の国内循環利用は急務となっているものの、サプライチェーンと異なる複雑さが存在するため、「効率的な静脈物流チェーンの構築には、廃棄物への理解が欠かせない」としている。

▲サプライチェーンとサーキュラーチェーンの流れのイメージ(出所:サティスファクトリー)